火災警報器について

住宅用火災警報器の設置が義務付けられました

総務省消防庁において平成16年6月2日に改正消防法が公布され、 住宅防火対策が強化されました。
これにより、住宅用火災警報器の設置が義務付けられます。
  • 新築住宅に関しては平成18年6月1日より義務化
  • 既存住宅は平成23年5月31日までに設置が義務化

背景として、住宅火災による死者数が急増している事があげられます。

取付場所


煙式火災警報器は、火災時に発生する煙を素早く感知し、火災を音でお知らせします。